都心に雪をもたらした「南岸低気圧」 降雪予想が難しいわけ

吉沢英将
[PR]

 関東南部は、6日昼ごろから本格的な雪となっている。この雪をもたらしたのは、本州の南にある「南岸低気圧」だ。湿った空気を上空へ引き上げて雲をつくると、北からの寒気とぶつかって雪を降らせた。ただ、6日朝方まではどのくらい降るか見通せていなかった。なぜだろうか。

 太平洋上を西から東に進んできた南岸低気圧は、その位置によって雪になるか雨になるかが決まる。南側のコースを通れば雲は海上でできるため、影響はない。北側だと地上に暖かい空気を引き込むため、雨になりやすい。中間を通った場合に、雪を降らすという仕組みだ。

 気象庁によると、今回の南岸低気圧はやや南寄りを通過しているものの、北へ延びる気圧の谷が関東南部にかかり、雪を降らせているとみられるという。「年末年始からの強い寒気が残っていることも影響した」と担当者はみる。

 南岸低気圧による雪の予報は難しいとされている。低気圧の位置や上空の風、地上の気温、寒気の入り込み具合といったわずかな条件の違いで、雪になるか雨になるか変わるためだ。

 気象庁は今回、6日朝の時点で東京23区での24時間積雪深を多いところで1センチと予想していたが、6日昼前の予報で5センチに増やした。

 この雪は7日未明まで続くとみられ、気象庁は交通の乱れや路面の凍結への警戒を呼びかけている。(吉沢英将)