野党連合政権「諦めない」 創立100年の共産・志位氏

共産

[PR]

 共産党の志位和夫委員長は6日の記者会見で、目標とする「野党連合政権」の樹立について「諦めるつもりはない」と意欲を示したうえで、今夏の参院選に向けて「共闘を成功させ、(政権交代の)足がかりがつくれるような結果を出したい」と述べた。

 共産は、党創立100周年の22年までに「野党連合政権と党躍進を実現する強く大きな党の建設」をめざす決議を採択している。ただ、昨年10月の衆院選では、立憲民主党と初めて政権枠組みの合意を結んで挑んだが、立憲とともに議席を減らした。志位氏は「(衆院選の)教訓を踏まえて次のチャレンジをしたい。1回目のチャレンジで達成できなくても、諦めるつもりはない。いまの自民、公明両党の政治に、日本の政治を任せるわけにいかない」と語った。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント