女性の白ズボンに赤い染み、声かけられる? 2千万回再生動画の狙い

有料会員記事

ベイルート=伊藤喜之
[PR]

 2021年夏、経済危機にあるレバノンの女性グループが投稿した動画が、SNSで反響を呼んだ。多くの女性が抱える悩みについて、偏見なく、正しい理解をしてほしい。そんな願いを込めた大胆な実験の中身とは――。

 若い女性が柵によりかかり、海を眺めている。

 よくみると、白いズボンが真っ赤に染まっている。しかし、本人はまったく気付いていないようだ。

 生理中らしいが、きちんとしたナプキンを手に入れられず、経血(けいけつ)がズボンから染み出しているのだ。

 通行人たちは彼女の異変に気付くが、大半が通り過ぎていく。小馬鹿にしたように笑う人もいる。中には声をかけ、服を腰にまいて気遣う男性もいた。

見て見ぬふり9割超

 昨年7月、SNSに投稿され…

この記事は有料会員記事です。残り1915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]