コンビニで扱われなくても…全商品無添加 「日本一」目指す食品会社

有料会員記事

真田香菜子
[PR]

 【千葉】イシイは全商品無添加調理。制約が多くなるので、同業者にドM企業と言われます――。

 「♪イシイのおべんとクン、ミートボール」のCMソングでおなじみ、船橋市加工食品メーカー石井食品が、2020年9月に公式SNSに投稿したツイートが大きな反響を呼んだ。

 「卵アレルギーの息子にも食べさせている」「食道がんの手術をした(高齢の)母の食事に活用した」「手抜きしたいけど、子どもには無添加を食べさせたい。そんなときに重宝」。様々な好意的なコメントが寄せられた。

 製造過程で食品添加物を一切使わないという同社の取り組みは、すでに20年を超える歴史がある。

     ◇

 1946年、戦後の食料難に注目してつくだ煮の製造を始めた同社が、「ミートボール」を発売したのが74年。その看板商品で97年、無添加調理を開始した。ソースに含まれるアミノ酸、チキンブイヨンや、肉団子のつなぎのパン粉に入ったショートニングなどを徐々に無くしていった。2006年には食品アレルギーにも配慮して卵や乳製品の使用もやめた。

舵を切った4代目社長

 きっかけは、消費者からの声…

この記事は有料会員記事です。残り1281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。