使えるフレーズを頭にストック 発想の引き出しを増やす「本歌取り」

有料記事まなび場天声人語

矢嶋友輝 コンテンツ編成本部長・野村周
[PR]

朝日新聞ポッドキャスト まなび場天声人語

 「天声人語」を題材に、学びを深めませんか。今回は、読解力アップにも役立つ「見出し作り」です。見出しを考えることは、文章が訴えたいことを短い言葉で表現する訓練にぴったりです。読者のみなさんの投稿から選ばれた優秀作を紹介します。

ポッドキャストでは、編集者の矢嶋友輝記者が、審査のポイントと見出し作りのコツを詳しく解説します。

Apple PodcastやSpotifyなどで配信しています。音声プレーヤーの右上にある「i」の右上にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

今月の優秀作

すり身 変わり身 立身出世(久保裕さん 71 大阪府)

模して50年。じゃない道を作る(石川美沙江さん 49 茨城県)

練り上げて、越えてゆけ。(釜木尚美さん 58 大阪府)

コロナと人気の板ばさみ(甲斐悠真さん 14 京都府)

カニカマのキセキ(荒木千尋さん 14 埼玉県)

(編集者の見出しワンポイント)本歌取りもまた楽しからずや

 見出しの基本は、記事の狙いを、端的に読者に伝えること。いつ、どこで、誰が、何を――などを十数文字で言い表そうとすると、どうも説明くさくなってしまうものです。

 今回は、カニカマの歴史、コ…

この記事は有料記事です。残り1934文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。