北京五輪「現時点で感染リスク高まらず」 WHOが中国の対策を評価

新型コロナウイルスオミクロン株

ローマ=大室一也
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、来月の開幕に向けて準備が進む北京冬季五輪について、世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は6日の会見で、「競技のため講じられている対策はとても厳しく強力だ。現時点では感染のリスクは高まらないと考えている」と述べ、開催に問題はないとの見通しを示した。

 ライアン氏によると、WHOは中国当局に協力し、国際オリンピック委員会(IOC)を通じて冬場の競技を安全に実施するため技術的な助言をしている。IOCとともに、北京五輪パラリンピック大会組織委員会などがまとめた選手や関係者向けの行動ルール「プレーブック」のチェックも続けているという。

 また、感染が広がっているものの、中国当局は非常に強力な取り組みをしていると評価。WHOも状況の監視を続けるとして、「現段階で、大会主催者が選手のためにしている準備を前提にすれば、競技の開催や運営に特段のリスクは見当たらない」と述べた。

 一方、WHOによると、昨年最終週(12月27日~今年1月2日)の世界の新規感染者数は約950万人で、1週間あたり過去最多を記録した。テドロス・アダノム事務局長は会見で、年末年始の休暇で未処理となっている検査データなどが反映されていないとして、実際の感染者数はもっと多いとの認識を示した。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]