「昭和の警察官の働き方、今年で一掃を」 神奈川県警本部長が訴え

小寺陽一郎
[PR]

 横浜市神奈川県警本部で5日、仕事始め式があり、山本仁(まさし)本部長が幹部約60人を前に「時代に合わない働き方を良しとする『昭和の警察官』を本年で一掃していただくようお願いします」と働き方改革を呼びかけた。年末年始の休みを確保するため、式自体も正月三が日後、最初の平日の4日ではなく5日に開催した。

 山本本部長は訓示の中で、特に心を配って欲しい事項として「計画的かつメリハリのある業務運営」と「働きやすい職場づくり」を挙げた。幹部に対して、子育てや介護などの事情で精神的負担を感じることのない「多様な働き方を受け入れる職場づくり」や、ハラスメントを念頭に「相談しやすい環境づくり」を求めた。(小寺陽一郎)