カンボジア首相がミャンマーへ クーデター後、初の外国首脳訪問

ミャンマーはいま

ネピドー=福山亜希、ハノイ=宋光祐
[PR]

 カンボジアのフン・セン首相は7日、国軍がクーデターで実権を握ったミャンマーを訪ね、ミンアウンフライン国軍最高司令官と会談する。昨年2月にクーデターが起きて以来、外国首脳がミャンマーを訪ねるのは初めて。訪問は市民弾圧を続ける国軍の統治に「お墨付きを与えかねない」との批判が出ている。

 フン・セン氏は7日朝、飛行機でカンボジアの首都プノンペンを発った。外交関係者によると、フン・セン氏はミャンマーの首都ネピドーに到着後、ミンアウンフライン氏と会談する予定だという。

 フン・セン氏は出発を控えた5日、プノンペンで開かれた式典で、訪問の目的について「すべての関係者による暴力を止めることだ」と説明した。ミャンマー国軍にカンボジア内戦時の経験を伝え、民主派との対話を促す狙いがある。

 一方、国際社会で孤立を深めるミャンマー国軍にとって、フン・セン氏の訪問は「大きなプレゼント」(外交筋)となり得る。国軍は昨年10月に認められなかった東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議への出席が可能になるよう、フン・セン氏に働きかけるものとみられる。

 今回の訪問に対し、他のASEAN加盟国や人権団体からは、ミャンマー国軍の立場を強めかねないとの声が上がっている。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは「(ASEAN)加盟国の結束を乱し、誤ったメッセージを送る」と懸念を表明した。(ネピドー=福山亜希、ハノイ=宋光祐)