西鉄の業績支える国際物流事業、GHQの要請で始まった

有料会員記事

聞き手・加藤裕則
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道会社は苦境にあえぐ。交通や観光を主力とする西日本鉄道も打撃を受けたが、国際物流事業の好調ぶりは目を引く。林田浩一社長に聞いた。

     ◇

 コロナ禍でもモノの動きは止まっていない。21年9月中間期決算では、鉄道・バス事業が厳しい中、国際物流の売上高は前年同期より6割伸びた。全体に占める国際物流の比率はこれまでの3割から4割に上がった。会社全体としてコスト削減に取り組んだ効果もあり、純損益では100万円だが、黒字を確保した。

 私たちの国際物流は、輸送手…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。