全裸で身体検査は「違法」と国提訴 岐阜刑務所の受刑者

深津弘
[PR]

 岐阜刑務所に服役中の男性受刑者(45)が7日、全裸の身体検査と写真撮影をされて精神的苦痛を受けたなどとして、管理する国を相手取り、177万円の損害賠償を求める訴訟を岐阜地裁に起こした。

 訴状によると、受刑者は2020年9月、別の受刑者とけんかとなり、足の小指を踏まれて腹を殴られた。刑務官による取り調べ終了後、別室で全裸になることを命じられ、全身の写真を撮影されたという。

 身体検査について、刑事収容施設法は、規律や秩序を維持するため必要がある場合に限定している。受刑者側は「全裸にならなくても暴行を受けた箇所の確認は可能で、全裸にしたうえで写真撮影まで実施する必要性は認められない。同法の要件を満たしておらず違法で、人格権を侵害された」と主張している。

 代理人弁護士によると、受刑者は20年10月に法務省名古屋矯正管区に申告した。岐阜刑務所は「暴行を受けたとする箇所の正確な特定や身体状況の確認のために、全裸にして写真撮影したことは事実」と管区に回答し、管区は「適法」との結論を示したという。

 提訴について岐阜刑務所は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。(深津弘)