大雪影響の救急搬送、都内で525人に 60代男女が重傷

[PR]

 東京都内では7日、前日の大雪の影響で凍結した路上で足を滑らせたり、自転車のハンドルを取られたりして転ぶ事故が多発した。

 東京消防庁によると、管内(稲城市と島部を除く)では午後9時までに381人が医療機関に運ばれた。6日には144人が搬送されており、雪に絡んで救急搬送された人は計525人に上った。0~100歳で、大半は軽傷だが60代の男女2人が重傷という。

 首都圏では交通事故も相次いだ。警視庁によると、都内では雪の降り始めから7日午前8時半までに人身事故が77件あった。