「股ずれが痛いよ…」デート中に夫が告白 妻はパンツを商品化した

有料会員記事

浅沼愛
[PR]

 歩く時の摩擦や汗で、太ももの皮膚がいたむ股ずれに悩む人たちを救おうと、股ずれになりにくいパンツ「SURENA(スレナ)」を、京都大の大学院生・小野史恵さん(32)が商品化した。

 2018年の夏、ぽっちゃり体形の夫とデートを楽しんでいたところ、夫が突然、「ふみえちゃん、股ずれで痛くて歩けない。つらい。もう何もできない」と言って立ち止まってしまった。すぐに薬局でワセリンを買い、応急処置をしてそのまま帰宅した。

 小野さん自身、股ずれについ…

この記事は有料会員記事です。残り562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。