今年の景気は? 名古屋の経済団体トップ 楽観派と慎重派に二分

内藤尚志
[PR]

 名古屋を中心に活動する経済4団体トップが7日、年始の記者会見を開いた。今年の景気について楽観派と慎重派で見方がわかれた。コロナ禍が収束せず、先行きの不透明さが増していることを示している。

 「基本的にはよい傾向にいくだろう」とみるのは、名古屋商工会議所の山本亜土会頭(名古屋鉄道相談役)だ。新型コロナウイルスの治療薬の開発が進んで、観光や飲食といった非製造業も回復することに期待感を示した。

 中部経済連合会の水野明久会長(中部電力相談役)も「内外需ともに明るさが出てくるのではないかと大いに期待している」と語った。部品や原材料の供給難が改善していくとみる。

 対照的に慎重な見方を強めるのが、中部経済同友会の加留部淳代表幹事(豊田通商会長)だ。オミクロン株の出現で「安易に楽観的シナリオで今年の景気見通しを描きづらい」とし、深刻な悪影響が及ぶ企業などに支援が必要だと訴えた。

 愛知県経営者協会の大島卓会長(日本ガイシ会長)も「景況はオミクロン株の感染拡大にどのていど歯止めをかけられるかがポイントだ」とした。コロナ禍の影響による部品不足や原材料高騰が長引かないか注視する必要があるとも指摘した。

 一方、岸田文雄首相が経済界に促している賃上げについては、「上げられないところが無理に上げるのは避けたほうがよい」(名商の山本会頭)との意見で4人とも一致。春闘の特徴とされてきた横並びの賃上げに否定的な考えを示した。内藤尚志