「音楽音痴」の少年がプロのDJに テイ・トウワ、50代で思うこと

有料会員記事

定塚遼
[PR]

 「音楽の授業の成績はいつも悪かった。5段階で2のときもあった。嫌いでしたね」。DJで音楽プロデューサーのテイ・トウワはそう振り返る。髪を伸ばしてギターを弾く同級生も苦手だった。「うるさい、髪の毛切れ、と思っていました」

 「そこに、YMOが現れたんですよ」

 中学2年の終わりごろ、模擬試験からの帰り道に、レコード店の店頭で人民服を着たYMOの映像が流れていた。食い入るように画面を見つめた。

 よくゲームセンターで小遣いを使い果たしていたが、「YMOと出会い、この音がレコードで何度でも聴けるならゲーセン行かなくていいや、と思った。考えてみれば、電子音が聴きたくて通っていたんだと思います」

 「音楽音痴」だった少年は、高校に入るとシンセサイザーを買い、雑誌で知識を覚え、曲を作った。楽器メーカー・ローランドの賞に応募すると賞を取った。音楽の成績は依然として悪かった。

坂本龍一のラジオ 投稿した素人・槇原敬之の衝撃

 坂本龍一のラジオ番組「サウ…

この記事は有料会員記事です。残り1251文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら