バズった、クジラのフルコース動画「大大大満足」 おいしさ知って

有料会員記事

川上眞
[PR]

 【千葉】南房総市のJR内房線・和田浦駅の近くにある民宿「四季の宿じんざ」には、最近新しい客が増えている。

 きっかけは、宿泊客が昨年3月に「ユーチューブ」に投稿した動画だ。「大大大満足の夕食です」「恐るべし南房総!」などのテロップと共に、テーブルいっぱいに並べられたクジラのフルコースが映し出されている。

 房総特産の「くじらのたれ」、「ベーコン」「お刺し身」「カツ」「竜田揚げ」「にぎりずし」「ハリハリ鍋」「南蛮漬け」「ステーキ」――。視聴回数は8万回近くにのぼった。

 民宿を経営する石井英毅(59)は「初めてクジラの刺し身を食べた人は『柔らかくてくせが無く、おいしい』と喜んでくれる」と笑う。「料理は少しずつ、品数豊かに。様々なクジラのおいしさを知って欲しい」と思いを語る。

  □   □

クジラ解体は凄惨 それでも小学生に見学させた理由

 「じんざ」は1965年、石井の父が始めた。88年ごろから、調査捕鯨によるいろいろなクジラ肉が手に入るようになった。「関東唯一の捕鯨基地の和田浦でクジラを名物料理にしよう」と石井ら民宿や飲食店経営者ら約30店が集まり、96年に「和田町くじら食文化研究会」を結成した。料理の種類を増やすなど鯨食文化の普及に努めてきた。

 「ツチクジラは和田浦のソウ…

この記事は有料会員記事です。残り1304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年1月11日8時56分 投稿
    【視点】

    何を食べて良くて、何を食べてはならないか。 この問題は時に、人が罵詈雑言を投げ合うほどの感情を巻き込み、国際紛争につながるほどの広がりを持ちます。 なぜか。それはその基準が、それぞれの文化が長い時間をかけて培ってきた文脈の中から