藤井聡太竜王が先勝、最年少五冠へ好スタート 将棋・王将戦七番勝負

村上耕司
[PR]

 将棋の藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が渡辺明王将(37)=名人・棋王と合わせ三冠=に挑戦する第71期王将戦七番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の第1局は9、10日、静岡県掛川市の「掛川城 二の丸茶室」で行われ、藤井竜王が139手で勝った。史上最年少、4人目の五冠達成に向けて好スタートを切った。第2局は22、23日に大阪府高槻市の「山水館」で指される。

 今シリーズはタイトル戦史上初めての四冠と三冠の頂上決戦でもある。振り駒で藤井竜王が先手番になり、「相懸かり」の戦型に進んだ。1日目のじっくりしたにらみ合いから一転、2日目の午前中から戦いに突入。終盤は互いの玉将が接近するねじり合いになったが、互いに持ち時間がなくなって1手1分の秒読みになってから藤井竜王がリードを奪い、最後は相手の玉将を詰まして勝った。藤井竜王は「(終盤は)秒読みだったので分からないままやっていた。内容をしっかり振り返って、次につなげられるようにしたい。第1局は何とか勝つことができた。しっかり第2局に向けて取り組んでいきたい」、渡辺王将は「終盤はチャンスもあるかなという感じで指していたが、ちょっと最後は分からなかった」と話した。

 両者によるタイトル戦は過去に2020年と21年の棋聖戦五番勝負があり、いずれも藤井竜王が制した。棋聖戦は1日制で、初の2日制の対決で、渡辺王将が巻き返せるかも注目されている。村上耕司

  • commentatorHeader
    村瀬信也
    (朝日新聞記者=文化、将棋)
    2022年1月10日22時54分 投稿

    【視点】終盤までどちらが勝つかわからない白熱した攻防の末、藤井竜王が勝利をつかみました。トッププロ同士ならではの名局でした。 将棋の対局で、持ち時間を使い果たして1手1分未満で指すことを「1分将棋」と言いますが、特に今回のような「双方1分将棋」は