ヒプマイ声優、フジアナウンサーらが呼びかけ「就職するなら岩手」

[PR]

 若者たちに「就職するなら岩手」を呼びかける岩手県の情報誌「いわてダ・ヴィンチ2022」が14日に発売される。情報誌第4弾となる今回は、盛岡市出身の声優・浅沼晋太郎さんが表紙を飾り、岩手への思いを語っている。

 県内企業の紹介では、最先端の事業に取り組む企業へのインタビューに加え、高田高と盛岡三高の生徒が企業を取材して書いた記事を掲載。移住やU・Iターンの支援窓口も伝える。

 著名人へのインタビューでは浅沼さんのほか、俳優の戸塚純貴さん(盛岡市出身)、声優の八代拓さん(同)、フジテレビアナウンサーの久慈暁子さん(奥州市出身)、関西出身で盛岡市に移住したお笑いコンビ「天津」の木村卓寛さんらが岩手の魅力を語っている。

 県定住推進・雇用労働室の担当者は「地元にどんな企業があるか知らないまま外へ行くのはもったいない。いい企業がいっぱいあるので、ぜひ知ってほしい」と話している。

 制作と販売はKADOKAWAに委託した。無料版3万7千部は県内の高校生や大学に配布。有料版4500部(税込み880円)は首都圏や県内の書店、コンビニなどで販売する。