洗車で活躍、薬指と小指が長い手袋 社員がひらめいた「逆転の発想」

有料会員記事

鈴木裕
[PR]

 薬指と小指の2本が中指より5センチも長い作業用の手袋を、愛知県西尾市の手袋メーカー「石川メリヤス」が新発売した。洗車のときにホイールを磨くための手袋で、長い部分を親指と人さし指でつまみ、雑巾代わりに使う。コロナ下で開いた研修で、社員が出したアイデアから誕生した“逆転の発想”の製品だ。

 丈夫なアクリル素材を編み上げ、どっしりとした手触りの「ホイール磨き用手袋」。分厚く編み上げられていて、洗車のときに指を保護する機能も備える。手袋のまま洗剤をつけ、指でホイールを洗う。力を入れて磨きやすく、細かいところまで指が届く。長い部分を隙間に通して裏側まで洗える。掃除道具が手袋ひとつ、というのも魅力だ。

 「愛車を手洗い洗車しているからこそ出てきたアイデア。手にフィットした手袋を理想と考えてきたので、2本の指を長くするという逆転の発想は斬新だった」と石川メリヤスの大宮裕美社長(44)はいう。

 昨年12月10日に発売したばかりの新製品は、約20人の社員全員が参加した昨年6月の研修で生まれた。

 一昨年まではこの時期、取引先の工場やトヨタ産業技術記念館(名古屋市西区)などを見学する研修旅行をしていたが、コロナ禍で昨年は中止に。今年は新たな取り組みとして、社員一人ひとりが「自分専用の手袋」をつくって発表する研修を思いついた。

 同社の主力製品は作業用手袋。それも、自動車メーカー各社の工場で、鉄板で手を切らないよう保護する丈夫な製品を得意にしている。ふだんは、糸の選定や原価計算を含む「企画」、商品特性に合った編み機操作をする「編み立て」、ミシンを使った縫製や検品などをする「仕上げ」など、それぞれの専門チームで仕事をしている。研修では、一連の流れを一人でこなすことにした。

 大宮社長は「『使う人のためのモノづくり』をモットーにしているので、自分自身を『使う人』と考えて手袋づくりの流れを一人で経験することは、意味があると考えた」と話す。

 2日間の研修は、5、6人ずつ班に分かれ、各工程の作業を教え合って進めた。日よけ用の手袋が多かったが、ギターを弾くときの手袋や鍋つかみ、髪の毛をまとめるシュシュなど、ユニークなアイデアも出た。完成品は、それぞれが機能や使い方を発表し、ものづくり談議が盛り上がったという。

 あくまでも研修と考えていた大宮社長だったが、予想以上の完成度の高さに、「ホイール磨き用手袋」と「車内拭き手袋」の二つを製品化することにした。

 「ホイール磨き用手袋」は…

この記事は有料会員記事です。残り396文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら