• アピタル

香港の親中派議員ら104人隔離 マスクなしで誕生会、カラオケも

有料会員記事

香港=奥寺淳
[PR]

 香港で、親中派の立法会(議会)議員や政府高官ら214人が、中国の全国人民代表大会(全人代)香港代表の誕生日パーティーに出席し、新型コロナウイルスの濃厚接触者として104人が政府施設に隔離される事態になっている。政府が市民に厳しいコロナ対策を強いるなか、カラオケに興じる写真も出回り、批判の声が上がっている。

 問題となったのは、3日夜に開かれた全人代香港代表の洪為民氏の誕生日会。洪氏は中国本土出身で、習近平(シーチンピン)国家主席が肝いりで進める広東省深圳の経済開発区の調整を担当。誕生会には香港警察トップや入国管理局の責任者ら政府幹部が13人、親中派の立法会議員20人などが参加していた。議員はいずれも昨年12月、全人代代表など中国政府に近い人物が99・9%を占める選挙委員枠などから選出された親中派だった。

 香港では、コロナ対策で一つのテーブルまたはグループで12人以下とするなどの制限がされてきた。洪氏の誕生日会の案内には、着席して食事する時以外はマスク着用と書かれているが、地元メディアが掲載した当日の写真を見ると、洪氏と女性がマスクなしでカラオケに興じ、周囲の人もマスクを着けていなかった。

 政府は市民が飲食店に入る際にはアプリでQRコードを読み込んで登録する必要があるとしており、違反者には罰金が科される。しかし、誕生会に参加した高官の一部は登録をしていなかった。

SNS上では「行政長官は辞任すべきだ」

 政府などによると、誕生日会…

この記事は有料会員記事です。残り492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら