体操の内村航平が引退発表 五輪で個人総合2連覇、世界選手権6連覇

[PR]

 体操男子のオリンピック(五輪)個人総合2連覇、世界選手権6連覇などを達成した内村航平(33)=ジョイカル=が現役引退することになった。11日、マネジメント会社が発表した。

 内村は長崎県諫早市出身。オールラウンダーとして頭角を現し、五輪は2008年北京大会に19歳で初出場。個人総合、団体でともに銀メダルを獲得した。12年ロンドン大会、16年リオデジャネイロ大会では個人総合を連覇。リオ大会では団体の金メダルにも貢献した。

 けがなどに苦しみ、21年東京大会には鉄棒一本に絞って出場したが、予選落ち。同年10月の世界選手権にも出場したが、振るわなかった。

 内村は後日、引退記者会見を開くという。