全日空CAが移住して超遠距離通勤選んだ理由 不安で保険も見直した

有料会員記事

鵜沼照都
[PR]

 会社まで20分弱だった通勤時間は約90分になった。以前は徒歩4分、電車で10分。今は路線バスで30分、飛行機で60分だ。会社に着いてから自分のロッカーにたどり着くまでの6分は今も変わらない。

 全日本空輸(ANA)の客室乗務員(CA)切江沙也香さん(30)は昨年12月、東京都大田区から山形県酒田市に引っ越した。職場の羽田空港までは庄内空港からの自社便を使って「通勤」している。

「メリットだけではなかった」が手を挙げた

 初めての東北・庄内暮らしは…

この記事は有料会員記事です。残り1314文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    蟹江憲史
    (慶應義塾大学大学院教授)
    2022年1月12日1時33分 投稿

    【視点】 コロナ禍で大打撃を受けている航空業界。特に、日本の「水際対策」は諸外国と比べても過剰な部分があるように見え、その航空業界へのインパクトは計り知れない。そうした中で、働き方を新しくすることでその先につなげていこうという姿勢は、持続可能性とい