北日本や北陸で猛吹雪のおそれ 近畿でも30~50センチの大雪か

吉沢英将
[PR]

 発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本や北陸では14日にかけて、猛吹雪となるおそれがある。気象庁が交通の乱れや高波に警戒を呼びかけている。

 同庁によると、日本海と関東の東にある二つの低気圧が急速に発達し、12日に北海道付近へ達する見通し。西高東低の強い冬型の気圧配置となり、14日まで続くという。12日にかけて予想される最大風速は、北海道、東北25メートル▽北陸23メートル。13日は北海道で20~24メートルと予想される。

 また、12日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多いところで、東北70センチ▽北海道、北陸60センチ▽近畿40センチ。13日午後6時までの24時間では、東北、北陸40~60センチ▽北海道、近畿30~50センチと予想されている。(吉沢英将)