消防士長ユーチューバーに減給処分 動画投稿で115万円の収益

下地毅
[PR]

 和歌山市消防局は11日、ユーチューブに動画を投稿して115万円の収益を得ていたとして、北消防署の男性消防士長(33)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし発表した。

 市消防局によると、消防士長は2020年10月にオンラインゲームのやりとりを実況する動画の投稿をはじめた。視聴者が増えてきたので21年4月に収益化し、休日や勤務後の時間をつかって動画をつくり21年10月までに314本を投稿。計227万回視聴され、毎月数万円から数十万円の収益があったという。

 地方公務員法は、職務に専念したり公正を確保したりするためとして公務員の副業を38条で制限している。消防士長は、兼業をするのに必要な上司の許可を得ていなかったし地公法38条への認識もあいまいで、収益の振込先を家族名義の口座にしていたから大丈夫という「甘さ」があったと市消防局は説明している。

 21年10月に匿名の情報提供が和歌山市にありその後の調査で発覚した。(下地毅)

  • commentatorHeader
    遠藤謙
    (エンジニア)
    2022年1月11日21時30分 投稿

    【視点】この記事がIT・科学に分類されるのもどうかと思うが、いかにも良くも悪くも日本っぽい仕組みとその話題の扱われ方。元々は本業に支障をきたさないため、税金で働いているので専念しなければならないという理由かと思われるが、公務員の兼業権と職業選択の自