クリクリ目の癒やし系、エゾモモンガ巣穴からひょっこり

日吉健吾
【動画】クリクリ目のエゾモモンガ、巣穴からひょっこり=日吉健吾撮影
[PR]

 北海道石狩地方の森林で木の穴からひょっこりと顔を出すエゾモモンガ。クリクリした目が愛らしいと人気だ。

 エゾモモンガは北海道に生息する固有種で体長10~20センチ。冬眠をしないため、クマゲラやアカゲラなどキツツキが掘った穴や天然の樹洞(じゅどう)を巣穴にし、数匹が体を寄せ合って体温を維持するという。

 夜行性で、このエゾモモンガは日が暮れる前の午後3時過ぎから、顔を出してはあたりをうかがう。巣穴から出てしばらくすると、前脚と後ろ脚を広げて音もなく滑空し、エサを求めて木から木へと移動していった。(日吉健吾)