• アピタル

沖縄に山梨大から看護師派遣 きょう出発

新型コロナウイルスオミクロン株

吉沢龍彦
[PR]

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大が続く沖縄県の医療機関に、山梨大医学部付属病院から看護師1人が応援派遣されることが決まり、11日に壮行会が行われた。

 山梨大によると、今月7日に政府から要請があり、山中哲也さん(34)の派遣を決めた。山中さんは12日に出発して2週間ほど沖縄に滞在。今のところ、病院で感染患者の看護にあたることが予定されている。

 山中さんは看護師になって7年目。昨年4月からは山梨大医学部付属病院で、新型コロナ院内感染を防ぐための仕事に携わってきた。「沖縄では医療従事者の間でも感染が広がり、とても困っていると聞いている。こういう時は手を取り合って助け合えればよいと思う」と話した。

 政府からは2週間おきに計3人の派遣を要請されているといい、山中さんが戻った後も別の看護師が派遣される予定だ。(吉沢龍彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]