もし感染者、濃厚接触者になったら? 共通テスト、注意点まとめ

三浦淳
[PR]

 大学入学共通テスト(15、16日)が目前に迫った。気になるのが、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急速な感染拡大だ。もし感染してしまったら? 濃厚接触者になったら? 注意点などをまとめた。

 新型コロナに感染してしまい、共通テスト当日に病院や自宅などでの療養が必要な場合、残念ながら当日の受験はできない。全都道府県に試験場が設置される追試験(29、30日)に回る必要があり、11~14日の午前9時~午後5時、15日午前7時半~午後6時10分、16日午前7時半~午後5時50分に、受験票に記載されている「問合せ大学」に申請が必要となる。共通テストを実施する大学入試センターは「試験当日に発熱やせきなどの症状」がある場合も追試験の受験を呼びかけている。

 予期せず、濃厚接触者になった場合、どうすればいいのか。

 症状があるなら追試験に回る。無症状であれば、①PCR検査などで陰性②受験当日も無症状③公共交通機関を利用しない――の三つの条件をすべて満たせば、別室で受験できる。

 文部科学省は昨年末、オミクロン株の濃厚接触者は三つの条件を満たしていても、追試に回ってもらう方針を示したが、批判を受けて撤回。③についても今年1月7日、事前予約したタクシーやハイヤーの利用を認めることにした。住んでいる地域のタクシーの台数が限られ、自分で予約できない場合に備えて、文科省は相談窓口(03・6734・3317など、平日午前9時半~午後4時45分。https://www.mext.go.jp/nyushi/mext_01741.html別ウインドウで開きます)を設けている。

 別室受験にも、さらに注意が必要だ。①の検査は、一般のクリニックなどでの自主的な検査は対象外で、保健所から指示された医療機関で実施しなければならない。別室受験の希望は、会場準備などで追試よりも締め切りが早く、試験前日の14日午前10時までに「問合せ大学」へ連絡する。

 試験当日に濃厚接触者かどうかを確認中の場合は、無症状であれば、本試験を受けることができる。追試に回ることもできる。

 試験会場で体調不良になった場合は、会場の監督者に申し出て、指示を受ける。各会場には医師らが待機しており、発熱や味覚障害などをチェック。健康状態や希望に応じて、受験を継続するか、追試に回るかが決まる。

 本試験のときは濃厚接触者、追試は新型コロナに感染して欠席せざるをえなかった――。こんなケースはどうなるのか。

 文科省は1月11日、新型コロナの影響で本試験、追試のいずれも欠席した受験生について、共通テストを利用する国公私立大に対して、個別試験などで合否判定するよう要請する方針を明らかにした。各大学の個別試験については、追試だけでなく、面接などによる「総合型選抜」などでの再追試の機会を設けることも要請する。こうした「特例受験」には、コロナ感染などの診断書の提出を基本的には求めるという。

 何はともあれ、肝心なのは基本的な感染症対策だ。

 大学入試センターは、昨年に続き会場でのマスクの着用を義務づけている。フェースシールドのみでの受験は認められない。

 今年はさらに、受験上の注意に「鼻と口の両方を確実に覆う」とわざわざ明記した。昨年は、鼻を出してマスクを着用していた受験生が監督者からの計6回の注意に従わずに不正行為と認定されたうえ、会場に閉じこもって逮捕されたトラブルも都内で起きた。

 当日の天候も気になるところだ。気象庁によると、直前の14日は発達する低気圧の影響で、日本海側を中心に大雪のおそれがある。15、16日は、北海道や東北、新潟で雪の予報も出ている。

 詳しい注意点は、大学入試センターのホームページ(https://www.dnc.ac.jp/別ウインドウで開きます)に掲載されている。受験生からの問い合わせに対応する専用電話(03・3465・8600、平日午前9時半~午後5時)もある。(三浦淳)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]