「五輪デモ参加との発言はなかった」 NHK不適切字幕、監督が証言

西田理人
[PR]

 昨年末にNHK・BS1で放送されたBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、取材内容と異なる字幕がつけられた問題を受けて、番組の密着取材を受けていた映画監督の島田角栄さんがコメントを出した。「(取材対象者から)五輪のデモに参加したとの発言はなかった」と指摘し、字幕について「不本意かつ残念」と述べた。

 NHK大阪拠点放送局が制作した同番組は、東京五輪の公式記録映画を製作する河瀬さんらに密着したドキュメンタリーで、昨年12月26日に放送(同30日に再放送)された。

 島田さんは映画製作チームの一員として、競技場の外でコロナ禍の苦しみや五輪反対を訴える市民らを取材していた。番組では、島田さんが話を聞いた男性について、テロップで「五輪反対デモに参加している」「お金をもらって動員されていると打ち明けた」と紹介。だが、実際には男性がデモに参加した事実は確認できておらず、NHKは「不確かな内容だった」と陳謝していた。

 島田さんのコメントの主な内容は次の通り。

 NHK BS1スペシャルで放送されました「河瀬直美が見つめた東京五輪」の番組内容に対し、NHK大阪より公式コメントが出されましたので、本件に関して島田個人としてコメントさせて頂きます。

 五輪反対デモに参加しているとされた男性は、島田が取材対象を探す中で出会った方で、その場で取材を申し込み、後日、公園でのインタビューをさせて頂きました。

 「五輪のデモに参加した」という主旨の発言は無かったにも関わらず、オンエアされたテロップを見て、島田自身たいへん驚いたというのが経緯です。また、当該男性の取材映像を、事前に河瀬直美監督にお見せした事実はありません。

 当該番組は、公式記録映画の取材過程をNHKが独自に取材され、編集されましたので、被取材者である島田への最終的なチェックもなく、島田自身、全体を把握出来ぬまま、放送に至りました。

 公式映画チームとして取材した内容と異なるテロップが流れてしまった事は、不本意かつ、たいへん残念でなりません。(西田理人)