アルペン、新宿にグループ最大店 LABI跡地に今春オープン

根本晃
[PR]

 スポーツ用品大手のアルペンは11日、今春にグループ最大の旗艦店「Alpen(アルペン) TOKYO(トーキョー)」を東京・新宿でオープンすると発表した。コロナ禍でゴルフやアウトドア用品の売れ行きが伸びるとみて、手薄だった首都圏の都心部に進出する。家電量販店のヤマダ電機「LABI 新宿東口館」が撤退した新宿駅東口のビルに入り、全10フロアで延べ床面積約1万2千平方メートル。主力のスポーツ用品店「スポーツデポ」やアウトドア専門店の「アルペンアウトドアーズ」、ゴルフ専門店の「ゴルフ5」などの売り場を展開する。

 アルペンは全国に約400店を出しているが、郊外が中心だ。野球、サッカー用品の不振やネット販売との競争激化で一時は経営が悪化していたが、約300人規模の希望退職や不採算店舗の閉鎖といったリストラを加速。コロナ禍で「密」を避けられるゴルフやアウトドアの人気が高まったのも追い風に、2021年6月期決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新していた。(根本晃)