甲子園優勝の投手、プロ入りは見送った 後押しした監督の言葉

有料会員記事

西岡矩毅
[PR]

 年が明け、プロ野球の新人選手たちがそれぞれの球団で自主トレを始めた。

 そんな同世代をよそに、昨夏の甲子園優勝投手は、進学する青山学院大での活躍をめざし、母校のグラウンドで体を動かしている。

 智弁和歌山のエースだった中西聖輝投手(18)だ。

 プロになる夢はいまも持ち続けている。だが昨秋、ドラフト指名を受けるためのプロ志望届は出さなかった。甲子園決勝から2日後の決断だった。

夢はプロ野球選手。それなのに大学へ進む道を選びました。新たな一歩を踏み出す原動力になったのは、信頼する監督がかけた言葉でした。記事の後半で紹介します。

 「どっちもドラ1やぞ」 ド…

この記事は有料会員記事です。残り2099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。