第4回労働者の「49%」以上がAIに? それでも代替できぬ仕事の共通点

有料会員記事

聞き手・石山英明
[PR]

 「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」。野村総合研究所(NRI)が英オックスフォード大学との共同研究で、こんなリポートを発表したのは2015年。「49%」という数字の大きさに、衝撃が広がりました。

 執筆者の一人である、NRIの岸浩稔・上級コンサルタントによると、この数字はあくまで、技術的な面から分析した、理論上の最大値。「これから人の仕事がAIに奪われて大変だ、といいたかったわけではなく、少し誤解された面がある」といいます。実際、リポートが実現の年とした2025~35年はもう目の前ですが、そこまで代替が進んでいるようには見えません。

 ただ、岸さんは、コロナ禍を経て、「数字は49%よりさらに大きくなるかもしれない」といいます。一体どういうことなのでしょうか。

 ――どういう経緯で2015年のリポートを執筆したのですか。

 今後の日本の労働力不足を外国人やAI・ロボットで埋めようという議論が多いのですが、日本で働くには日本語が必須で、消費者から求められるサービスの水準も高い。賃金は横ばいで他国より見劣りするようになっている。であれば、東南アジアの人は、賃金の高い中国などに働きに行きます。外国人には頼れないとなると、AIやロボットが重要との結論になります。ではどれぐらい代替される可能性があるのか、分析を始めました。

 ――「49%」という数字は驚きでした。

AIで代替されやすい仕事、代替されにくい仕事の共通項とは。代替されやすい仕事に携わっている働き手はどうしたらいいのか。NRIの岸浩稔・上級コンサルタントが語ります。

 あそこまでの反響は想像して…

この記事は有料会員記事です。残り2748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    福田直之
    (朝日新聞記者=産業、テック、中国)
    2022年1月21日22時19分 投稿

    【視点】 自動運転タクシーの展開を計画する中国の配車大手、滴滴出行(ディディチューシン)の張博最高技術責任者(CTO)に、自動運転による運転手の失業をどう見るのか聞いたことがあります。彼は「自動運転技術は新たな仕事を生み出す。問題が起こったときに対

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年1月21日11時25分 投稿

    【視点】AI化が進むと人間の仕事がなくなるかについては諸説がある。 「なくなる」説は解説不要として、「なくならない」説は以下の論理だと理解している。 古来、人間の仕事はさまざまにアウトソースされてきた。馬や牛に鋤をひかせるのは、人間の肉