「足の裏がこる」末弟がたどり着いた境地 出世順は年齢と逆の3兄弟

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 (大相撲初場所4日目、東京・国技館)

 大関正代を俵の外に追いやったかに見えたが、勇み足があった。土俵下で唇をかんだ若隆景は、取材の場に現れなかった。

 もし勝っていたとしても、この27歳が笑顔で多くを語ることはなかっただろう。これまでもそう。元幕下力士で、父の大波政志さんが言っていた。

 「怒ったような顔で、あまりしゃべらないのは昔から。体も小さいし、強い相撲取りじゃない。気持ちで相撲を取るために、自分にマキをくべているんだと思います。気持ちの火が消えたら終わりだと」

 三男・若隆景、次男で新入幕の若元春(わかもとはる)(28)、そして幕下の長男・若隆元(わかたかもと)(30)。3兄弟の中で若隆景は一番体が小さかった。

 父の記憶によると――…

この記事は有料会員記事です。残り950文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら