社民、「護憲政党」存続かけ崖っぷちの参院選 福島氏が党首再選へ

会員記事社民

横山翼、南彰
[PR]

 社民党福島瑞穂党首(66)は12日、14日告示の党首選に立候補する意向を表明した。他に立候補の動きはなく無投票で再選される見通し。社民は現在、所属国会議員が2人。旧社会党の流れをくむ老舗の護憲政党の存続をかけ、夏の参院選を率いることになる。

 「社民党が国政政党として絶対に必要だ。コアな支持者を大事にしながら、若い人や女性に届く言葉で支持を拡大していきたい」。福島氏は12日の記者会見で党首選への立候補を表明した。あわせて、参院選の比例区に、福島氏と新顔の大椿裕子副党首(48)を公認することも発表した。

写真・図版
記者会見で社民党党首選への再選出馬の意向を表明する福島瑞穂党首(中央)=2022年1月12日、国会内

党分裂、そして

 社民党は2020年秋、立憲民主党との合流を望む吉田忠智元党首らが離脱し、党は分裂。衆参4人の国会議員が半減した。19年の参院選で得票率2%以上を獲得したことによる政党要件もこの夏の参院選までとなる。福島氏は12日の会見で「正念場の参院選」と繰り返し、2%以上の政党要件を確保するため、比例区で120万票以上の獲得を目指す考えを示した。

■衰退脱却の兆しも…

この記事は会員記事です。残り406文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!