岸田政権「超安全運転」で参院選へ 野党は「勝負の1人区」で…

有料会員記事自民立憲公明国民共産

上地一姫、榊原一生、横山翼
[PR]

 夏の参院選に向け、与野党が新年から走り始めた。長期安定政権を視野に入れる岸田文雄首相は、新型コロナウイルス対応などを迫られる中、超安全運転で進む構え。対する泉健太代表率いる立憲民主党は、「野党共闘」の土台を築くことができるかがカギとなる。ただ、野党勢力の思惑はバラバラで与野党対決の構図がつくれるかは不透明だ。(上地一姫、榊原一生、横山翼)

写真・図版
政権発足100日を迎え、記者団の取材に応じる岸田文雄首相=2022年1月11日午前8時56分、首相官邸、上田幸一撮影

 「参院選に勝って初めて岸田政権が安定する」

 自民党の選挙を取り仕切る遠藤利明・選挙対策委員長は12日、党内の会合でこう引き締めた。首相も5日にあった新年最初の党役員会で「日本の将来を決める戦いであるとの覚悟で臨んでいきたい」と述べた。

写真・図版
自民党沖縄県連幹部らと参院選候補者選定などについて話し合った遠藤利明選挙対策委員長(左から3人目)

■世論意識し、「失点」回避…

この記事は有料会員記事です。残り1652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。