「海の寅さん」見に来て ペンギン水族館で特別展示

三沢敦
[PR]

 「海の寅さん」ぜひ見に来て――。今年の干支(えと)「寅(とら)」にちなみ、長崎市の長崎ペンギン水族館が、普段は飼育していないトラザメとクラカケトラギスを特別展示している。飼育展示係の岡部敬斗さんは「海の生き物たちのユニークな虎模様を見比べてみては」と来場を呼びかけている。

 トラザメは体長50センチほどの小型のサメで、体のしま模様が虎柄に見えるためその名がついた。クラカケトラギスは背中に鞍(くら)を乗せたようなV字状のしま模様が特徴で、比較的浅い砂泥域で生息している。

 いずれも、底引き網漁で捕獲された個体を漁協から譲り受けた。名前に「トラ」が入るものの、性格はともにおとなしいという。

 「トラザメは湯引き、クラカケトラギスは天ぷらなどにして食べるとおいしい」と岡部さん。展示は今月末まで。(三沢敦)