• アピタル

1週間の世界の感染者1515万人 前週比5割増で最多 WHO

新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 世界保健機関(WHO)は11日、9日までの1週間に確認された世界の新型コロナウイルスの新規感染者数が、これまで最多だった前の週より55%増え、約1515万人になったと発表した。感染力が強いとされるオミクロン株の影響とみられる。

 世界の6地域別にみると、ロシアや中央アジアを含む「欧州」が最も多い約715万人、北米と南米を合わせた「アメリカ」が約612万人で、両地域で全体の87%を占めた。前週からの伸び率は、インドやインドネシアなどの「南東アジア」が418%増だった。

 国別では、米国の約461万人が最多で、フランス約160万人、英国約122万人、イタリア約101万人、インド約64万人と続いた。

 地域別で1週間の新規感染者数が最も多い地域を管轄するWHO欧州地域事務局のクルーゲ事務局長は11日の会見で、「オミクロン株は西欧で主流となり、いまやバルカン諸国でも広がっている」と述べ、「今後6~8週間で地域の人口の半数以上がオミクロン株に感染する恐れがある」とするワシントン大の保健指標・評価研究所の見通しを紹介し、注意を促した。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]