伊賀の「忍者ドライブイン」、55年の歴史に幕 感謝セール開催へ

江湖良二
[PR]

 三重県伊賀市大内の「名阪上野ドライブイン」が3月31日で閉店することになった。運営する三交興業(亀山市)が12日発表した。「忍者ドライブイン」の愛称で親しまれ、休憩や飲食、観光の拠点だったが、利用客の激減や老朽化などのため、55年の歴史に幕を下ろす。

 同ドライブインは1966年9月、名阪国道大内インターチェンジのそばに開業。約1万7千平方メートルの敷地に延べ床面積約4千平方メートルの2階建ての建物があり、土産物店やフードコート、レストランなど十数店舗が営業している。

 同社によると、新名神高速道路の整備など道路環境や旅行形態の変化などを背景に利用客が減少。大型バスの利用が90年度は約8万台あったが、2018年度は約1万4千台に減った。12年に建物を改装し、マスコットキャラクター「忍にゃん」を導入するなどリニューアルしたが、コロナ禍が利用客減に追い打ちをかけた。閉店後は建物を撤去し、再開発が検討されているという。

 今月22日から「閉店感謝セール」が開催される。「55」にちなんだ550円や1550円の特設商品や、伊賀牛ステーキの割引などを検討。マルシェやキッチンカーが集結するイベントも計画中だ。同社の藤田尚史総務部長は「55年のご利用ありがとうございました。感謝セールにはぜひ来ていただきたい」と話している。(江湖良二)