第1回スターのギャラにも圧力 空白の「17日間」習氏が描いたユートピア

有料会員記事中国新世

北京=冨名腰隆、林望
[PR]

 14億人の頂点に立つ男の、長い「夏休み」だった。

 中国共産党総書記(国家主席)の習近平(シーチンピン)は昨夏、7月末から17日間にわたって動静が途絶えた。

 この時期は例年、中国共産党の現役幹部や党長老が河北省の海辺の保養地、北戴河に集う「北戴河会議」がある。秋の中央委員会全体会議や5年に1度の党大会に向けた根回しの機会であり、中国政治はここで決まるとまで言われた時期もある。

 昨年も北戴河の駅や高速道路の出口には多くの警官が立ち、ものものしい警備が敷かれていた。しかし、複数の党関係者が「習は北戴河には行かなかった」と断言する。

二つの原稿を推敲

 習はどこで、何をしていたのか。業務を補佐する党関係者は「習は北京にとどまり、二つの原稿を推敲(すいこう)していた」と明かした。

 原稿の一つは、11月に採択…

この記事は有料会員記事です。残り3737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。