梅とサツマイモの洋菓子 大田市のカフェが考案

杉山匡史
[PR]

 世界遺産石見銀山遺跡(島根県大田市)で、かつて鉱員を守る薬として使われた梅と、領民を飢饉(ききん)から救ったサツマイモを組み合わせた焼き菓子ができた。木造洋館の薬師湯旧館(同市温泉津町)を活用したカフェ内蔵丞(くらのじょう)が、新たな地元の土産物にと改良を重ねてきたという。

 「銀山縁起物語」と名付けられた菓子は、刻んだ梅酒の梅をこしたサツマイモでくるみ、つやを出すため卵の黄身を薄く塗って梅の花びらの形に仕上げている。しっとりとした食感で、口にほのかな梅の香りが広がる。

 石見銀山の鉱員が使ったマスクに、酸で粉じんを防げるとして梅が使われたという逸話や、江戸時代にサツマイモを普及させ、「芋代官」として親しまれる石見銀山代官、井戸平左衛門(1672~1733)の存在などから考案。2017年の世界遺産登録10周年記念の梅レシピコンテストで最優秀賞を受賞後、市産業支援人材バンクのアドバイザーの助言を受けながら味や食感が変わる梅の刻み方を工夫し、最良のサツマイモを探し続けてきた。

 梅は国産、サツマイモは県西部を中心に栽培される県内産、卵は市産を使う。食材全てを地元にこだわろうとしたが供給量などで難しかったという。

 紅白の水引箱に4個入って1千円(税込み)。カフェと薬師湯、地元の観光協会売店で販売している。薬師湯の内藤陽子代表は「歴史に基づく食材を組み合わせた。息の長い販売で定着させたい」と意気込みを見せる。

 昨年12月28日には楫野弘和市長が市役所で試食し、「地元にゆかりのあるお菓子が土産物として作られるのはうれしい」と感想を述べた。(杉山匡史)