県内コロナ203人、1人死亡 200人超は4カ月ぶり

新型コロナウイルス

大平要、長谷川智、黒田壮吉
[PR]

 静岡県と静岡、浜松両市は12日、新型コロナウイルスで新たに1人の死亡と203人の感染を確認し、発表した。新規感染者が200人を超えるのは、9月8日以来約4カ月ぶり。

 浜松市は62人の感染を発表した。居住地別では浜松市58人、磐田市2人、愛知県神奈川県各1人。市教育委員会によると、市内の学校で、県外での部活動に参加した6人の感染が11日までに報告された。いずれも軽症で自宅療養中という。

 静岡市は1人の死亡と26人の感染を公表。市内で死者が確認されるのは106日ぶり。死亡したのは、市内在住の高齢男性で入院中だったという。

 袋井市は市内小学校の1学級で6人の陽性者を確認したため、12日から17日まで学級閉鎖を決めた。このクラスの担任と全児童をPCR検査する。同市内での学級閉鎖は昨年9月に次いで2回目。

 一方、県によると、これまでに陽性が判明していた3人がオミクロン株とわかった。県内でオミクロン株陽性が確認されたのは39人となった。(大平要、長谷川智、黒田壮吉)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]