春高バレー、逆転優勝報告 甲斐市の日本航空高校で

佐藤靖
[PR]

 【山梨】バレーボールの第74回全日本高校選手権(春高バレー)で悲願の初優勝を果たした日本航空男子バレー部の優勝報告会が12日、甲斐市の同校で開かれた。

 日本航空は9日に東京体育館であった決勝で昨夏の高校総体優勝の鎮西(熊本)と対戦。3―2で逆転勝ちし、県勢としても初優勝した。

 報告会には教職員ら約30人が参加。生徒はオンラインで見守った。前嶋悠仁(ゆうと)主将は「最高に楽しかった。支えてくれた人に、結果で恩返しできたかな」と話した。

 決勝戦は、2セットを先取されたが、前嶋主将は「最後の1セットを楽しもうと思ったら吹っ切れた」と振り返った。

 月岡裕二監督は「大きな大きな宝物を生徒が持って帰ってくれた。学校関係者、たくさんの人に支えられた」と感謝した。(佐藤靖)