共通テストなしの合否判定、公平性めぐり文科省が見解公表

三浦淳
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で大学入学共通テストの本試験も追試験も欠席せざるをえなかった受験生について、文部科学省が各大学に個別試験での合否判定を求めた11日付の通知をめぐり、同省は12日、「各大学が慎重かつ厳格に(合否)判定するものと考えられる」とし、一定の公平性は保たれるとの見解を示した。共通テストなしでの合否判定をめぐり、受験生や大学に、公平性確保の観点から懸念が広がっていた。

 多くの国立大は共通テストと個別試験の結果で合否判定しているが、文科省は11日に出した通知で、追試を含め共通テストをすべて欠席した受験生について、個別試験のみで合否判定するよう要請。個別試験についても、追試だけでなく、面接などによる再追試の機会を設けるよう求めた。

 文科省が12日に公表した見解では、共通テストの追試が本試験の2週間後にあることなどから、個別試験のみで判定される対象者は「極めて限定的」とした。また、対象者はコロナ感染の診断書などを大学側へ出す必要があるとし、「意図的に共通テストを受験しない方法を選択できるものではない」と説明した。

 さらに、共通テストを受けなかった受験生の合否は「各大学が決定する」とした上で「共通テストの受験生と比較して、十分にそれを上回る能力を有するかどうかを慎重かつ厳格に判定すると考えられる」と説明した。文科省は12日、見解をホームページ(https://www.mext.go.jp/content/20220112-mxt_ope01-000004520_1.pdf別ウインドウで開きます)で公表した。(三浦淳)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]