ダンプのタイヤ2本外れ、500メートル転がる 歩道の男性が重傷

[PR]

 12日午後0時半ごろ、群馬県渋川市半田の国道17号で、群馬県榛東村長岡の会社員の女性(46)が運転する大型ダンプカーのタイヤが外れ、歩道を歩いていた渋川市半田のアルバイトの男性(45)にぶつかった。男性は大動脈解離や肝臓損傷などの重傷を負った。

 県警渋川署によると、片側2車線の車道を走っていたダンプカーから、後輪タイヤ8本のうち左側の2本が外れた。2本のタイヤは中央分離帯を越えて500メートルほど転がり、うち1本が反対車線の歩道を歩いていた男性に衝突したという。外れたタイヤは直径約105センチ。署が原因を調べている。