国民・都民ファ連携に「維新はくみしない」 松井代表「野合」と批判

添田樹紀
[PR]

 国民民主党と、小池百合子東京都知事が立ち上げた地域政党「都民ファーストの会」が合流も視野に、夏の参院選での統一候補擁立を協議していることについて、日本維新の会松井一郎代表(大阪市長)は13日、「政策の一致がない野合談合にはくみしない」と語った。維新と国民民主は、国会議員の文書通信交通滞在費の見直しなどで連携を強めていたが、国民民主と都民ファとの合流が実現しても参加しないとの考えを示した。

 国民民主の玉木雄一郎代表は、2017年の衆院選で小池氏が立ち上げた「希望の党」に、民進党から合流したメンバーの一人。松井氏は国民民主と都民ファの動きについて、「希望の党の復活やろ。何が一致して一緒になるのか。ひっついたり離れたり、選挙のたびに目の前の足し算ばかり。有権者からおかしいと思われるんじゃないの」と批判。「希望の党と何が違うのか、説明する必要がある」とも語った。(添田樹紀)