第1回「余命1カ月」宣告受けた赤ちゃん 抱っこで感じた生きようとする力

有料会員記事

服部尚
[PR]

 長野県松本市に暮らす花岡香織さん(47)は2003年6月、かかりつけの病院にいた。

 午前1時半に長男の瑛斗くんを産んでほっとしていた。

 初産だったが、陣痛になかなか気づかず、入院したと思ったら、あっという間に生まれた感覚だった。

 「朝になったら看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれるかな」

 出産直後、わずかな時間に抱っこしただけだった。

 「早く息子にゆっくり会いたい」という思いが募った。

 けれども、翌日、日が高くなっても、会える気配はまったくなかった。

 「どうしたんだろう」

思わぬ転院

 次第に不安になっていた時、看護師がようやくベッドに来た。

 「赤ちゃん、念のため長野県立こども病院で検査することになりました」

 「えっ、どういうことですか」

 「念のための検査ですよ」

 妊娠している間に、切迫早産の可能性があり、1カ月ほど入院したが、その時には特に異常は認められなかった。

 出産後に過ごした部屋は4人部屋で、ほかにも出産したばかりの母親がいた。

 赤ちゃんを抱っこして喜ぶ声が筒抜けだった。

 「なぜ私だけが……」

 孤独と不安が押し寄せてきた。

 間仕切りのカーテンを閉め、声をおし殺すようにして泣いた。

 瑛斗くんとようやく再会できたのは、こども病院に送り出すために運ばれる途中、廊下で一瞬のことだった。

かつては助からなかった心臓病

 長野県立こども病院で、瑛斗…

この記事は有料会員記事です。残り1966文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
服部尚
服部尚(はっとり・ひさし)朝日新聞記者
福井支局をふり出しに、東京や大阪の科学医療部で長く勤務。原発、エネルギー、環境、医療、医学分野を担当。東日本大震災時は科学医療部デスク。編集委員を経て現職。