第3回卓球部入りたい…父は怒鳴った「できるわけない」 心臓病の息子の涙

有料会員記事

服部尚
[PR]

 長野県松本市で暮らす宮林希(のぞみ)くん(18)は4歳までに、生まれつき機能が低い心臓の働きを補うための手術を3回受けた。

 ただ、心臓の状態によっては血液に酸素が十分に行き渡らず、体に負担がかかってしまう時がある。

 顔色が悪くなったり、唇が紫色になったりすることがあった。

 通い始めた幼稚園は、心臓病や聴覚障害の子どもを受け入れた経験があり、先生も不調の兆候を見逃さないようにしてくれた。

 クラスでは体は一番小さく、足も遅いけれど、園庭を走り回る活発な子どもに育った。

 遠足も、行きはみんなと一緒に歩くこともできた。

 幼いころからチェロを習い始め、小学生になると、豪州のサマースクールで学んだり、大人のオーケストラの練習に参加したりした。

 姉の悠莉さん(22)はピアノ、妹の明莉さん(15)はバイオリンを習っていて、家族で演奏を楽しむこともあった。

 小学2年生の時の日記には、「とくいなことチェロ すきなものきゅうしょく がんばったことなわとび」と書いた。

 聞き分けがよく、母親の葉子さん(55)にとって手がかからない子どもだった。

 ただ、葉子さんが「葛藤があるのでは」と感じることがあった。

 休み時間に校庭でサッカーをするのが大好きだったが、高学年になると、希くんにボールが回らなくなったようだった。

 「サッカークラブで活動している子や運動神経のいい子にとって、希は足でまといでしかない。残酷だけど、パスがこないことになってしまったのかな」

 葉子さんはそう感じた。

 それでも、希くんは校庭に出ることをやめなかった。

「見えない障害」 中学に入って芽生えた思い

 松本市内の中学校に入学したころ、葉子さんが忘れられないできごとが起こった。

 部活をどうしようかと考えて…

この記事は有料会員記事です。残り1267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

服部尚
服部尚(はっとり・ひさし)朝日新聞記者
福井支局をふり出しに、東京や大阪の科学医療部で長く勤務。原発、エネルギー、環境、医療、医学分野を担当。東日本大震災時は科学医療部デスク。編集委員を経て現職。