第5回「18年間ありがとう」お母さんになったママ 息子のLINEに号泣

有料会員記事

服部尚
[PR]

 花岡瑛斗くん(18)と宮林希(のぞみ)くん(18)は、同じ先天性の心臓病左心低形成症候群」を抱えて生まれた。

 ともに長野県立こども病院で手術を受け、幼なじみとして育った。

 去年の夏、瑛斗くんの妹りりあさん(14)が書いた作文が、人権をテーマにした作文コンクールで佳作に選ばれた。

 兄の補聴器にまつわるできごとについて書いた作品だった。

 瑛斗くんも希くんも病気や治療の影響で、幼いころから一定の周波数の音に対する聴覚の障害があった。

 希くんは片方の耳での障害で、日常生活に大きな問題はなかったが、瑛斗くんは両耳で、高音領域が聞こえなかった。

 電子レンジや体温計の「ピッ」という音が聞き取りにくい。

 小学生のころは、まだ声変わりしていない同級生も多く、友だちの高い声が聞こえづらいこともあった。

 音だけでなく、相手の口の動きや表情を頼りにして理解しようとしていた。

 ただ、学校の先生が顔を向けずに話すとわからないこともあり、補聴器をつけていた。

 りりあさんの教室に瑛斗くんが来たことがあった。

 「えっ、補聴器? なんだよ、おじいちゃんじゃん」

 クラスの1人がそう言ってからかった。

 りりあさんは悔しかったこと…

この記事は有料会員記事です。残り1423文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
服部尚
服部尚(はっとり・ひさし)朝日新聞記者
福井支局をふり出しに、東京や大阪の科学医療部で長く勤務。原発、エネルギー、環境、医療、医学分野を担当。東日本大震災時は科学医療部デスク。編集委員を経て現職。