エディ・ジョーンズが語るラグビーと企業の関係、スターへの接し方

有料会員記事

構成・遠田寛生
[PR]

 国内ラグビーの新リーグ・リーグワンが始まった。元日本代表ヘッドコーチで日本を熟知するイングランド代表のエディー・ジョーンズ監督は、日本独自の企業スポーツの未来について、独特の価値観を抱いている。そこにはどんな選手が必要なのか、についても。単独インタビューで語ってくれた。(構成・遠田寛生)

企業の力「日本のラグビー発展には不可欠」

 日本でリーグワンが開幕した。これまで大学や企業の色が強かった日本ラグビー。新リーグは、より地域に根ざした運営をめざすと聞いている。

 ただ、企業の関わりが濃いと成長を妨げるという意見には同意できない。むしろ、その反対だろう。

 世界を見渡してほしい。みん…

この記事は有料会員記事です。残り773文字有料会員になると続きをお読みいただけます。