見捨てられる移民たち 「拷問、レイプが横行」する収容所に強制連行

有料会員記事

カイロ=武石英史郎
【動画】リビアの首都トリポリで、欧州行きの夢がかなわず、国連施設に助けを求めて集まった移民たちを治安部隊が摘発に乗り出した=移民支援NGOのタリク・ラムロームさん提供
[PR]

 「とにかくこの国から出してほしい」。そう訴えて、中東リビアの国連施設前で座り込んでいた移民らが、今月、治安当局によって強制排除され、収容所に連行された。欧州が移民らへの門を閉ざす中、地中海を渡る密航船の出発拠点となっていたリビアで行き場を失ったアフリカや中東の人々だ。

 10日未明、スーダン人の男性が撮った1本の動画がある。首都トリポリで閉鎖中の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の支援センターの前で座り込んでいた移民らのテントに向かい、100人ほどの治安部隊が気勢を上げながら行進。手当たり次第テントを壊し、寝込みを襲われた移民らを引きずり出して連行し始めた。

 「警察の暴虐ぶりを見てくれ。人権団体はどこにいるんだ」「私たちはスーダン、エリトリア、エチオピア、ソマリアから来た平和な移民なのに」「私の名はヤシン・ヤクブ。世界の人々よ、見てくれ」……。撮影者の声はそこで途切れている。

 移民の支援を続ける現地NGO「祖国人権組織」の創設者タリク・ラムロームさんは現場に駆けつけ、この動画を託された。ラムロームさんによると、内務省傘下の不法移民対策局が行ったこの日の摘発で、1人が実弾で腰を撃ち抜かれて重傷を負った。破壊されたテントや家財道具はその場で焼かれた。女性や子供を含む約600人が拘束され、数百人は現場から逃げたという。

 移民らの多くは貧困や紛争が常態化しているアフリカや中東の国々からよりよい生活を求めて、欧州を目指してやってきた人々だ。

 リビアはカダフィ独裁政権が倒れた2011年以降、混乱が続き、欧州へ渡る密航ビジネスのハブとなった。国際移住機関(IOM)によると、リビア国内に滞在する移民は44カ国から60万人を超えている。

 首都では昨年10月1日以降、治安機関が移民らの住むスラムの一斉摘発を行い、5千人以上を収容所に拘束した。逃れた人たちは助けを求めてUNHCRの支援センターに殺到。スタッフにけが人が出るなど混乱を極め、UNHCRは4日後、センターの閉鎖を発表した。

 何の支援も受けられないまま座り込んだ移民らは最大で2400人。今月10日の摘発の時点でも千人以上いたとみられている。

 拘束された移民らはバスに乗せられ、首都南郊のアインザラ収容所に送られた。そこで収容者の治療を行っている国際NGO・国境なき医師団は声明で「拘束された人々の中には、刺し傷や殴られたあざがあったり、子供と離ればなれになったりした人がいる」と明らかにした。

 リビアの移民収容所は悪名高い。

 リビアに関する国連独立調査…

この記事は有料会員記事です。残り659文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら