冬野菜の甘み、焼いて香る フライパン煮物の「豚こま大根」

有料会員記事

編集委員・長沢美津子
[PR]

ごはんラボ 豚こま大根

写真・図版
豚こま大根=合田昌弘撮影

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

 寒さに負けずがんばっているのは、畑の野菜も同じです。冬の菜っ葉や根菜は甘みがあってやわらかく、たっぷり食べれば養生に。代表格の大根とカブについて料理研究家・杉本節子さんに4回にわたり教わります。

 まずは、ごはんのおかずになる煮物の「豚こま大根」を。フライパンで手軽にできて、ボリューム十分です。

 大根の煮物というと長時間煮るおでんのイメージですが、今回は皮ごと薄めに切って、火にかけている時間も15分と短い。適度な歯ごたえとあふれる汁気が楽しめて、生では硬い先側の使い道にも向いています。

 レシピのポイントは、大根を下ゆでする代わりに焼いて、香ばしさを加えることです。見た目にも食欲をそそり、豚肉に負けない存在感が出ます。

 アレンジは、葉付き大根を買った時の「じゃこ炒め」で、しっとり薄味に仕上げました。材料を使い切るのは気分よく、カブの葉でも作り方は同じです。(編集委員・長沢美津子

豚こま大根

材料(2人前) 料理監修:杉本節子さん(料理研究家)

□ 大根 250g

□ 豚こま肉 180g

□ ショウガ 15g

□ 小麦粉 大さじ1

□ サラダ油 大さじ2

□ ゴマ油 小さじ1

□ 酒 大さじ1

□ 水 50ml

□ 砂糖 大さじ2

□ みりん 小さじ1

□ しょうゆ 大さじ1と1/2

【作り方】

①大根は皮ごと厚さ7~8ミリの輪切りにしてから3~4枚ずつ重ねていちょう切りにする。ショウガを皮ごと薄切りにする。

写真・図版
細くなる先の部分は、3~4cmに切り落としたものを縦に薄切りにするといちょう切りと大きさがそろう=合田昌弘撮影

②豚こま肉をバットなどに入れ…

この記事は有料会員記事です。残り1264文字有料会員になると続きをお読みいただけます。