パンダ観覧「1分間」のワケ 口から泡、引きずり…50年重ねた教訓

有料会員記事

本間ほのみ
[PR]

 上野動物園東京都台東区)で14日までの3日間限定で公開された双子のジャイアントパンダ。来場者1人あたりの観覧時間はわずか1分だった。「もっと見たい」という声も聞かれそうだが、その時間設定の理由には、50年前から積み重ねられた、ある教訓があった。

 双子パンダは昨年6月に生まれたオスの「シャオシャオ(暁暁)」とメスの「レイレイ(蕾蕾)」。限定公開では、木に登ったり眠ったりと様々な姿で観覧者を楽しませた。双子がいる室内展示室の前は四つのブロックに区切られ、観覧者はそれぞれを15秒ごとに移動。1ブロックに入る人数は6人ほどだった。

 このような観覧方法にした理由の一つは、新型コロナ対策だった。パンダが見えやすい位置に観覧者の「密」ができないようにするための工夫だった。ただ、時間まで区切ったのはなぜなのか。

 今から50年前の1972年…

この記事は有料会員記事です。残り934文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!